FX初心者向けの基礎知識

FX投資は、手軽に始める事が出来る投資として人気が高まってますが、仕組みが判り難かったり専門的な言葉が多く難しそうと考えていませんか?FXは投資の流れはとてもシンプルなので取り引きの仕組みを覚えてしまえばどなたでもFX投資を始める事が出来ます。そこでFX投資の仕組みや基本的な専門用語について調べて見ましょう。

FXは、正式には「外国為替証拠金取引」と呼ばれ、世界各国の通貨を売買する事で利益を得る事が出来る金融商品です。世界各国の通貨は常に変動していますが、ご自身が決めた2国間の為替の変動に応じて売り注文や買い注文を入れ、その後の為替の変動で利益を得る事が出来ます。FXの売買はとてもシンプルで、例えば日本円と米国ドルで売買を行う場合、米国ドルが1ドル100円で買い注文を入れ1ドル110円で売った場合10円の利益を得る事が出来ます。逆に1ドル100円で買い90円で売った場合は10円の損が出る事になります。買い注文を入れる場合は出来るだけ安いタイミングで買い、高くなったら売る事で利益が得られます。但し、注意しておきたい事は、FXが自身の元手となる資金を100%保証する物では無く、時には損出を出す事もしっかり理解しておく事が大切です。次に、FXにはいくつかの特徴が有ります。先ず、株式等の他の投資と異なり少額からでも始められると言う事です。FXにはレバレッジと呼ばれる仕組みが有ります。レバレッジは「てこの原理」と訳されますが、自身の資金を最大で25倍迄大きくする事が出来る仕組みです。例えば手持ち資金が5万円の場合、最大で125万円の資金で運用する事が出来ます。このレバレッジを使う事で利益を得る場合は非常に大きな利益を得る事も可能になりますが、逆に損出を出す場合も25倍の損出になるので充分に注意が必要です。特にFXが初めての方はレバレッジを掛けず取引を行う事がお薦めと言えます。又、世界中の通貨が取引の対象となる為、株式投資とは異なり土曜日と日曜日等を除く24時間の取引が可能で、投資のチャンスが株式投資等と比較しても多く有ると言えます。この様に、FXには他の投資に無い特徴が有り、少ない資金で手軽に始められる金融商品として人気が有ります。

外為(FX)ならFX専業の外為オンライン


Leave a Reply