海外の名刺マナーや文化について

日本のビジネスでは、「名刺交換」が良好な関係を築くことの初めの一歩だと考えられています。果たして、これは世界の各国でも同じでしょうか?名刺交換のマナーは国によって異なります。ビジネスで海外を訪問する場合は、名刺交換のマナー以外にも、訪問先の国のビジネスマナーを予習しておきましょう。

日本のビジネスにおいて、名刺を持っていることは社会人の基本です。新社会人は、入社後の研修で、名刺をすぐに取り出せるよう準備しておく、自分の名刺を相手の名刺より必ず下に持つ、名刺にメモをしない、など非常に細かいマナーを教え込まれます。しかし、世界から見ると、これほどにまで名刺交換に重きを置いている国はあまりありません。海外では名刺に対する認識が日本とは異なります。連絡先が書いてあるただの紙切れ、パーティー会場で使うもの、だったりします。認識が違えば文化も違います。例えば、名刺交換のタイミングですが、日本では商談などで初対面の方に会うと、すぐに名刺を交換するのが良しとされています。しかし、欧米では会ってすぐに名刺を交換することはありません。交換しないこともありますし、交換するにしても別れ際の場合が多いです。名刺交換では、訪問者が相手国の文化に合わせることが敬意の表現です。ビジネスで海外を訪問する場合は、名刺交換のマナー以外にも、訪問先の国のビジネスマナーを予習しておくことで、良好な関係を築くことができます。

名刺印刷・名刺作成の【名刺21】


Leave a Reply