北海道で人気のジンギスカン料理について

北海道ではジンギスカン料理が大人気ですが、メニューを見たことがあっても食べたことがない方もいるでしょう。ジンギスカン料理は羊の肉を焼いて食べますが、最近は料理を提供する店ごとに色々なアレンジをしています。

中国から中東の広い範囲に居住するイスラム教やヒンズー教の信徒は、牛肉や豚肉を食べることができない理由で古くから羊を食べる習慣があります。ジンギスカン料理のネーミングは日本国内でだけ使われています。トルコやアフガン地域では羊の肉料理が人気ですが、ヨーロッパにも広がってフランス料理にも羊の肉が使われるようになりました。

日本では昭和初期に北海道で初めて羊の飼育がスタートしました。羊の肉を使ったジンギスカン料理は動物性タンパク質を豊富に含むので当時は軍隊を中心に利用されていたようです。現在でもジンギスカン料理といえば北海道が本場ですが、味付けの方法には、味付けと後付けの2通りがあります。味付けは、あらかじめ専用のタレに羊の肉を浸け込んでから焼いて食べます。後付けは、焼いた羊の肉にタレを付けて食べます。

札幌から南のエリアは、焼いた羊の肉を後付けで食べるジンギスカン料理が人気ですが、札幌から北や東のエリアでは、味付けで食べるジンギスカン料理が主流になっています。現在は、北海道に行かなくてもネット通販で羊の肉や専用のタレ、ジンギスカン鍋のセットを手軽に購入できます。


Leave a Reply